管理業務主任者はどんな仕事をする人?

都市部の住居といえば代表格はマンション。高層マンションが林立する地域や、ゆとりのある敷地に低層の建物と緑豊かなパブリックスペースが広がる地域など、同じマンションといえども創り出す景色はさまざま。
時代の移り変わりによってマンション需要は変化を見せるものの、「マンションを管理する仕事」のニーズは高まるばかり。なぜなら、新築マンションに限らず、これまで建てられたマンションすべてで管理は必要となるからだ。
そこで脚光を浴びている資格が「管理業務主任者」。マンション管理会社で働く場合に求められる資格で、マンション管理会社は30組合(マンション管理組合)に1人以上置かなければならないと法律で定められている。

管理業務主任者とは?

マンション管理適正化推進に関する法律の制定にともない、新たに設けられた国家資格のひとつ。管理の前提となる「管理受託契約の重要事項の説明」や「受託した管理業務の処理状況のチェックおよびその報告」など、マンション管理のマネジメント業務を担う。
宅地建物取引主任者が不動産仲介業必須の資格であれば、管理業務主任者はマンション管理業を営む際に必要とされる資格。当然ながら、管理業務主任者はマンション管理業務上における諸々の問題に精通していなければならず、難関試験を突破しなければならない。

管理業務主任者の資格を得るには試験に合格しなければなりません。またもや受験勉強に取り組むことになるのです。覚悟はいいですか? 高校や大学の入試と違い、みんなと一緒ではありませんよ。多くの場合、一人で頑張るしかありません。

管理業務主任者を独学で!? いいえ、そうではありません。他にも方法はあります。社会人になってから資格を目指す人がどんどん増えていますが、多くの合格者は一人で頑張りました。しかしながら、それはイコール独学ではないのです。通信講座という方法で結果を残しています。フォーサイトの通信講座は、これから管理業務主任者を目指す人の強い味方です。

⇒ http://mankan-tsusin.com/

次のページ >>